ライフスタイル

自分のことばかり話す人の特徴を分かりやすく会話で再現してみた

スポンサーリンク

どうも、新歓で派手な後輩が多くてビビってたなぎです。

 

話は繋がってるのか繋がってないのか、コミュニケーションについて話していこうと思います。

皆さんの周りには、いつも自分のことばかり話す人いませんか?
僕も近くにこういう人がいるんですよね...

聞き手には全く関係ない身の上話を永遠に語られると本当にうんざりします。

関係上「うざい」「自慢はやめてくれ」なんて言える訳なくてただただ我慢することが多いんじゃないでしょうか。

今回はそんな自分のことばかり話す人の特徴を会話にしてまとめてみました。

僕が経験したことで作成しているので、あなたと同じような場面がありましたら、「自分だけじゃないんだ」と思って少しでもストレスのはけ口になればいいなと思います。

 

スポンサーリンク

特徴1:自分のことしか話していない

A君
A君
俺これから筋トレガチ勢になるから。3か月後腹筋バキバキになる予定なんでよろしく
なぎ
なぎ
お、おうw急にどうした!?
A君
A君
俺今そこそこ肉ついてるから、これを筋肉に変えていけばいいと思うんだよね。ま、高校の部活で筋トレのやり方は知ってるから、自分でメニュー作ったりしてやってくつもり
なぎ
なぎ
そっか、それならうまくいきそうだね。頑張れよ
A君
A君
ムキムキになったら絶対モテるし、筋トレで自分を追い込んだりするから中身も成長できるから最強。
なぎ
なぎ
そうだな。とりあえず途中でやめないように頑張れ

 

どうでしょう。こんな会話したことありませんか?

A君のセリフが3つありますが、全部自分のことしか話していません

「これから筋トレ頑張るわ」とか「自分でメニュー作ってやる」などですね。

確かに、情報提供は大事です。きっかけがないと話は始まりませんから。

でも、これ会話になってると思いますか?

この会話、僕の相槌ちが入っているので会話っぽく見えますが、実は僕のセリフを抜いてもなんら問題ないんですよね。

だってこれは会話と言うより、A君の報告を僕が聞いてるという形式になっているからです。

最初の会話を僕のセリフ抜きで読んでみてください。

自分の過去や私生活について話しているので、普通の報告内容として成立しています
引っかからずに読めてしまいますよね。

僕だけかもしれませんが、たまに思うんです。

「今、僕って会話してるの?ただ聞いてるだけだよね」

A君は、僕の相槌や質問に対してもなんの反応せず、ひたすら自分の話をするだけ。

これは聞いてる方はめちゃくちゃきついですよね。
オチのある話ではないのでただただA君のことについて聞かされているだけですし、正直自分にとってはどうでもいいことなので、興味も沸きません。

特徴2:内容が自慢

A君
A君
俺、高校の時から料理とか結構やってる人だったんだよね
なぎ
なぎ
へえーすごいね、僕は全然やってなかった
A君
A君
昨日もカルボナーラ作ったら結構うまくいってさ(写真見せてくる)
なぎ
なぎ
おいしそー。カルボナーラは僕も作ったことあるよ。簡単そうだけどおいしく作るの難しいよね
A君
A君
いや普通にすぐ作れたよ。でも俺素材とか調味料にこだわるからそこだけは考えるの難しかった。
なぎ
なぎ
それは大変だね。

初手から自慢と言う高レベルな会話の切り出しをするA君。

いきなり自慢なんてされたら、丁寧に応答しようなんて気は起きませんよね。
僕の返答ですが、感情も考えると、これがリアルな返事ではないでしょうか。

よくあるのが、求めていないのに写真を見せてくるパターン。
自慢したくてしょうがないのかもしれませんが、僕の棒読みの返事から察して、引いてほしいですね。

さらに、趣旨とは外れますが、ヒトの意見に対してすぐ「いや、」「でも、」と言う人いませんか?

3つ目のA君のセリフで、即答で「いや、簡単だった」と返してきます。
こんなの言われたら、さすがにイラっとしちゃいますね。

特徴3:1聞いたら10返ってくる

A君
A君
やべー、めっちゃ眠い~
なぎ
なぎ
大丈夫?昨日何時に寝たん?
A君
A君
いや、昨日ずっと来週のテストの勉強してて気が付いたら4時になってたんだよね。試験は来週だけど、今からやらないと徹夜じゃ定着しないと思うんだよね。そう思ってやり始めたけど、俺集中するとずっとやっちゃうタイプだから止まらなくてさ。受験勉強の時も夜中までやり続けてたし、それが俺のやり方なんだよな。まあ、今日はヤバいけど周りに差つけれたからいいかなー。え、俺もう試験勝ったんじゃねw
なぎ
なぎ
そんな頑張らなくていいでしょ(笑)そうだね、僕も今日からがんばろ

「何時に寝たの?」と言う質問に対してA君は146文字で返してくれました。

さすがです。逆にこの量で返せと言われても僕は無理ですね…

この例はそこまで極端でもないと思ってます。
そこまで聞いてないし、聞く必要ないっていう事どんどん話してくる人は少なくないはずです。

しかも、これは完全に僕がA君の罠にかかっています。

A君の1つ目のセリフに反応して質問をしてしまっていることですね。
このセリフでA君は間接的に自分を心配してもらい、自分のことを話すための環境を整える種をまいています。(A君は無意識にやっていると思いますが…)

まとめ

あなたの周りの人にこういった人はいましたか?

自分のことばかり話す人が周りにいると結構疲れますよね。

うまくかわせる人は大丈夫かもしれませんが、僕みたいに器用じゃなくてまじめに向き合ってる人は身を削ってるような思いかもしれません。

そういう人たちのために、自分のことばかり話す人とうまく会話する方法も紹介していきたいなと思います。
僕が実践している方法です!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。