ライフスタイル

2018年に絶対売れるバーチャルユーチューバーランキングTOP5

スポンサーリンク

こんにちは、なぎです。

最近はYouTubeを見ることが当たり前の世の中になってきましたね。

かく言う僕もめっちゃYouTube見てます。

何を見るかと言うとほとんどがYouTuberの動画。

やってみた系や、ゲーム実況など様々なジャンルのYouTuber達がしのぎを削っています。

そんなYouTube戦国時代に颯爽と現れたのが

「バーチャルYouTuber

というジャンルです。

「え?バーチャル?何それ」

と思った方がいると思うので説明します。

スポンサーリンク

バーチャルYouTuberとは

バーチャルYouTuberとは、動画内で喋ったり動いたりする3Dでモデリングされたキャラクターのとこです。
人が声を当て、さらに表情や動作も加えているので、実際に2次元の可愛い子が動画を撮ってるように見えるんです。
声は全員特徴のある声をしていて、何人かは声優さんがやっているということが発覚しています。
動きですが、高度な機材であるモーションキャプチャを使用している人もいて、とてもリアルな動き。

実は、2016年からバーチャルYouTuber第1号存在はしていましたが、あまり認知されていませんでした。

しかし、2017年の12月にその初代バーチャルYouTuberの「キズナアイ」がチャンネル登録者数100万人を突破した事で一気に注目が集まるようになりました。

現在、キズナアイだけでなく新しいバーチャルYouTuberが続々登場してきています

これからのYouTube界で勢力をどんどん拡大していくと思われるバーチャルYouTuber。

これから活躍していくバーチャルYouTuberのランキングをまとめました。

1位 輝夜月(かぐやるな)

期待度1位は輝夜月です!

なんと、このYouTuberは12月9日に初投稿したばかりで、現在動画本数は7本しかありませんが、投稿数7本に対して、チャンネル登録者数は脅威の32万人!と破竹の勢いで伸ばしています。

しかも、この7本の平均再生回数が114万回ととんでもなことになっています。

 

彼女の何が人気なのかというと、他のバーチャルYouTuberにはないハイテンションさと特徴のある声です。

まず、とにかくテンションが高い。

話のテンポが良く、リアクションも完璧というまさにyoutuberタイプ。

チャラい訳では無いですが、うるさい後輩みたいな感じです。

逆にそれが可愛さと親しみやすさを出しています。

 

次に声ですが、声優さんのよくある可愛いさを追求した声とは違い、一言でいうとハム太郎の声です。滑舌も少々難あり笑

視聴者からは首を絞められたハム太郎の声がするということで「首絞めハム太郎」と呼ばれています。

このあだ名について本人はTwitterで、「首締められて話すハム太郎を見た事ありますか?」と華麗なツッコミをしています。

 

現在5本という少ない投稿数ですが、これからゲーム実況などもやるようなので、どんどん人気が集まるでしょう。

急スピードでキズナアイに追いついてくるんじゃないでしょうか?

 

 

2位 ミライアカリ

こちらも2017年10月に登場した新生バーチャルYouTuber。

登録者数はキズナアイに次ぐ24万人という実力。

動画内容はキズナアイと同じくやってみた系がメインで、クオリティは十分に高いです。

 

彼女の人気の理由の1つはビジュアルです。

とても可愛くクオリティが高いのがわかりますよね。

このキャラクターのデザインはあの初音ミクを手がけたKEI。

そりゃ可愛いわけですよ

 

人気の理由2つ目は声はプロの声優がやっているという点。

これは公式の情報ではないですが、ある声優さんのTwitter画像とミライアカリのスマホの壁紙が一致したことで発覚しました。

そりゃいい声してるわけですよ

 

3つ目は下ネタもOKなところ

動画内ではちょこちょこ、大人な内容だったりワードが出てきます。

そうしたところが他のバーチャルYouTuberと違っていて人気が出ていますね。

輝夜月ほど勢いはありませんが、バーチャルYouTuberに注目が浴びてる今、確実に視聴候補に上がってくる人物です。

 

 

3位 バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん

こちらも、2017年11月に登場した新生バーチャルYoutuber。

着実に登録者数を増やし現在は12万人。略称はのじゃおじ。

 

彼女?はバーチャル界では一番の曲者ですね。

どういうことかというと、名前にもあるように、中身はただのおじさんです(笑)

他の人たちはみんな声優であったりかわいい声をキャラクターに当てているのに対し、こちらは素でおっさんです。

見た目は狐の耳が付いたかわいい女の子ですが、声はたどたどしいおじさんという強烈なギャップが人気を集めています。

それゆえなのか、トークも独特の雰囲気を持ち合わせており、僕は好きですね。

 

TwitterではほかのバーチャルYoutuberとの比較でネタにされています(笑)

 

 

4位 電脳少女 シロ

6月に初投稿をしていますが、本格的に活動し始めたのは8月から。

現在は登録者数13万人。のじゃおじと同じくらいですね。

ゲーム実況を中心に活動中で、活動期間が長いので動画数もそこそこたまっています。
(ちなみに将来の夢はアイドルになって武道館でコンサートをすることらしいです。)

注目したいのは踊ってみた動画で、クオリティが普通に高いです。アイドル目指すだけはあるなと思いました。

 

チャームポイントは、なんといっても声。

キズナアイや、ミライアカリのようなハキハキした声ではなく、クラスに一人はいる小声で空気が多く混ざっています。
おとなしい雰囲気が一発で伝わってくる。

そのため、シロの動画は癒しのために見るという人も少なくありませんね。

 

ということなんですが、実は、シロはサイコパスな一面も(笑)

実況動画がメタルギアソリッドとPUBGというもろキルゲーなので、実況中に
「キルしたい...」と何度もつぶやく場面もあったりします。

視聴者の中でもサイコパスキャラは定着しているようでコメント欄でもいじられていますね~

 

 

 

5位 藤崎由愛(ゆあ)

2017年10月に登場した、バーチャルYouTuber。

チャンネル登録者数は17000人とまだまだですが、キャラが16歳の女子高校生という設定で、純粋な主人公っぽいとじわじわ人気が来てます。

(ただ胸が大きすぎるのが僕的には設定に合っていない気がしますが…)

動画でも取り上げているのですが、海外からの人気が高く、確かにコメント欄は英語が目立っていますね。
今後、海外を視野に入れて活動していくかもしれません。

 

ゲーム実況やクイズ、早口言葉などの自主企画を中心に動画投稿をしています。

投稿頻度は2~3日に一本なのでまだ29本です。

 

一気に爆発とはいかないかもしれませんが、動画のクオリティから見ても着実に人気は出てくると思います。

まとめ

2017年は様々なバーチャルYouTuberが登場しました。

特に後半の追い込みはすごかったですね。

キズナアイが登場しバーチャルYouTuberを確立してから1年、多くの人がその存在を知り、可能性を感じてバーチャル界に参入してきた感じだと思います。

ネット上では、人気上位のバーチャルYouTuber4人(輝夜月/ミライアカリ/シロ/のじゃおじ)を指してバーチャル四天王と呼ばれています。

キズナアイは絶対王者ですので、ポケモンでいうチャンピオン扱いです(笑)

2018年は確実にバーチャルYouTuberが躍進する年になります。

今回はそんな2018年に人気がでるバーチャルYouTuberを現時点の状況で僕なりに判断してみました。

さてさてYouTubeはどうなっていくのか楽しみですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。